1羽の傷ついた鶴が、その傷を癒すために舞い降りた事から発見されたという三丘温泉は昭和三十年、島田川の河床から温泉の自然湧出が発見された。三丘村が行ったボーリングが成功して出現した比較的新しい温泉である。
本温泉地は、旧熊毛町南部の島田川沿いに位置し、主要地域はすべて石城山県立自然公園の区域内に含まれ閑静で眺望が良く清流と自然環境豊かな心和む所である。
泉源は、アルカリ性単純硫黄温泉(第一泉源)、単純弱放射能冷鉱泉(第二泉源)、アルカリ性単純放射能温泉(楠泉源)で、一温泉地内に三種類の泉質を有する温泉地は全国的にも珍しく、神経痛、関節痛、高血圧症、慢性皮膚病等に効果がある。また、昭和三十六年に厚生省から国民保養温泉地(全国で八十六箇所)、平成三年には環境庁から国民保健温泉地(全国で二十一箇所、山口県では二箇所)の指定を受けている。

プラン1

 

段落です。テキストを追加したり編集するにはここをクリックしてください。とても簡単です。「テキストの編集」をクリックするかここをダブルクリックして独自のコンテンツを追加したりフォントを変更したりします。ページ上の好きな場所にドラッグ&ドロップすることができます。ここはユーザーにあなたについてもっと知ってもらうのに最適な場所です。

プラン2

 

段落です。施設概要

プラン3

 

段落です。テキストを追加したり編集するにはここをクリックしてください。とても簡単です。「テキストの編集」をクリックするかここをダブルクリックして独自のコンテンツを追加したりフォントを変更したりします。ページ上の好きな場所にドラッグ&ドロップすることができます。ここはユーザーにあなたについてもっと知ってもらうのに最適な場所です。

© 2019 Sanyokanko,Inc.

745-0641 山口県周南市小松原1234

TEL:0833-91-1800 FAX:0833-91-2700